「手元供養」とは…その形式と供養方法

ご遺骨(ご遺灰、またはその一部)を墓地に埋葬せず、自宅等の手元で保管し、慰霊・供養の場を身近に置いて故人様を偲び続けるという概念です。自宅供養とも言われ、グリーフケアー(精神的ダメージを克服する手段)の一つとして注目される供養の仕方です。これは死生観、供養観、価値観の多様化と共に生み出された供養の新しい形態です。

供養現代では宗教的供養を望まない方々も増え、従来の形式に代わる供養の形が求められるようになりました。少子高齢化による一人っ子や単身者の増加によるお墓制度維持の困難さ、葬儀・供養にかける費用負担の低下、都市部の住宅事情による仏壇不要論、身近な人の死によって受ける精神的ダメージを克服する手段(グリーフケアー)として手元供養を選択する方々が増えております。

 

手元供養はご遺族様の気持ちとして「大切な人を遠く葬りたくはない」、「供養を人任せにはしたくない」、「仏壇を置く場所は無いが何かで故人を偲びたい」、故人様の気持ちとして「無宗教なのでお墓や戒名は不要」、「自分らしい最後を」、「残る家族に余計な負担を掛けたくない」、などの気持ちが重なり合って生まれてきた新しい供養の形です。最愛の方のご遺骨を身近に置くことで心の拠り所となり、「手を合わせたり」、「故人様を偲び、語りかけたり」、自由な形の供養でもあります。

手元供養のさまざまな例

  • お子様や長年連れ添った方など想いの強い方が亡くなられた場合、お骨を手放す事ができず、オブジェにして手元に置いたり、ペンダントにして身に付けたりしたい
  • 散骨や樹木葬などの自然葬を行い、その後ご遺族が手を合わせる対象としてご遺骨の一部を手元に置いておきたい
  • 墓は不要と考えるが、何かで偲んでもらいたい
  • 何等かの事情でお墓が建てられず、その代りとしたい
  • 次男や三男、嫁いだ身なので大袈裟でなく、ささやかに両親の供養をしたい
  • 海外生活や転勤などで墓地の場所が決めにくい
  • お骨の一部を手元に残しておき、携帯できるお墓にしたい
  • 洋風の生活なので部屋にマッチする仏壇の代りにしたい

手元供養の具体的な方法としては『ご遺骨をそのままご自宅でお祀りする』、『ご遺骨を粉骨して最小化し、ご自宅でお祀りする』、『ご遺骨の一部をペンダント等に入れて身に付けておく』、『遺骨(遺灰)をリングなどの装飾品に加工して身に付ける』などが御座います。