現代の葬儀事情について~斎場の利用が増えた~

昔は葬儀は自宅で行われたものですが、最近では大きな住居のお宅でも自宅で葬儀を営まれる事はほとんどありません。葬儀会館で営む方が、何かと便利で、近隣の方々に食事の用意等をしてもらうと言った必要性も無くなるからでしょう。こうした傾向が、葬儀が合理的になって来た事を示していると言えるでしょう。

また現代の葬儀は、昔に比べて多様化しています。一般の葬儀の他に、参列者を家族・親族やごく親しい友人等に絞り込んだ家族葬や、家族葬でしかも通夜を営まない1日葬や、焼場で読経のみをしてもらう直葬など、従来に増して多様化しているのです。特に家族葬を営まれるケースが増えており、専用の会館も増え続けています。

こうした傾向は、葬儀を華美に行い高額を掛ける事は無駄だと考える人が増えている事と、見栄を張らずに身内だけでしめやかに故人を送りたいと考える人が増えているからでしょう。

また地方の田舎から都会に出て来て、菩提寺を持たず、普段お寺さんとの関係がない人が増えており、葬儀会館から家の宗派の僧侶を紹介してもらって、導師を勤めてもらうという事も増えています。

また葬儀に参列する人は、香典を持参するのが昔からの習わしですが、関西では一般の葬儀でも故人の遺志によるとして、香典を受け取らない葬儀が増えています。関西では通夜ふるまいと言う習慣がなく、こうした事から香典を受け取らない葬儀が急速に拡大したものと思われます。

現代の葬儀事情は、無駄を廃し、しめやかに故人を送れれば十分だと言う合理的な考え方から、昔に比べて大きな変化を遂げて来たのでしょう。