都市部への一極集中がお墓離れを生んだ?

家族でお墓参り東京・横浜居住の方々の多くは地方より上京し、この地でご家族を構成されて居ります。従いまして居住は横浜、菩提寺・墓地は故郷・出身地が通常の形で、少し前まではご葬儀・ご火葬は横浜で行い、ご遺骨は 故郷の菩提寺に持参し、納骨されるご遺族も多く見られました。しかしながら、故郷を離れて長い時間が過ぎ、故郷にお住いのご親族も少なくなくなると、お子様方に遠くへお墓参りさせる不便さを考えるようになりました。ご自分のお墓はご自宅近くの都市部にとお考えになる方が多くなりました。

 

 

更には宗教への依存度が薄れた結果、次のような変化が起こりました。

  • 宗教的供養の方法に拘らない
  • 高齢化に伴う死生観の多様化
  • 死後供養に高額な負担を避けたい

これらによって、新しい供養の方法が生み出され始めることになります。

  • 墓石を必要としない樹木葬などの自然葬、墓地・墓石を必要としない納骨堂
  • ご遺灰を自然に返す散骨
  • ご遺骨をご自宅に安置して供養する手元供養

故人様のご供養の方法が多様化することになったのです。